ギャップを乗り越える

IT業界の仕事は、スマートでスタイリッシュなイメージを抱く人が多いかもしれない。
しかし実際には、体力がものをいう根気と根性が必要な仕事の性質が強い。実際にシステムエンジニアになってみると、当初抱いていた幻想は覆される可能性はある。そこでイメージとのギャップに悩み仕事を辞めたいと考えて、別の仕事に転職するエンジニアも少なくない。
しかし一方で、ギャップを乗り越えて仕事を続けるエンジニアがいるのも確かである。当初はギャップに戸惑うかもしれないが、人間には環境に順応できる力が備わっている。当初は忙しくて辞めたいと思っていた開発の仕事も、自然と順応できる。そのためイメージとのギャップが大きいからといって、すぐに転職を考えるのは問題がある。
しばらくはシステムエンジニアの仕事を続けてみて、この仕事ならではの魅力を体験してから転職しても遅くはない。コンピューター開発の仕事は、技術力さえ身につければ仕事に困ることはない。IT業界は人材不足の傾向にあるため、開発の仕事の案件は探せばいくらでも見つかる。
それに場合によっては、社会が注目するようなやりがいのある開発プロジェクトに参加できるチャンスもある。このようなメリットは、システムエンジニアの仕事を続けていなければ得られないものである。
転職することは簡単ではあるものの、辞めたいという気持ちを抑えて頑張ってみれば、イメージしていた以上の面白い仕事であることが分かる。