その先をよく考える

IT分野での開発の仕事はハードなスケジュールも珍しくはないため、仕事が嫌になって辞めたいと考えることは珍しくはない。
しかし一時的な感情に流されて仕事を辞めず、もう少し頑張ってみる意味はある。諦めずに働き続けていれば、将来的には良いことが待っている。忙しい仕事を乗り越えたエンジニアは、以前と比べて格段に能力が上昇している。通常よりも短時間で多くの業務をこなしたことからスキルアップが早い。そのため将来システムエンジニアのライバルと求職で競い合うようになった場合、経験の差の分だけ有利な立場に立てる。多くの修羅場を超えてきたエンジニアは、転職活動でも望み通りに待遇の良い求人案件につきやすい。人材を探している採用側としても、激務をやり遂げた経験豊富なシステムエンジニアは価値がある人材と評価している。
それでも何事にも限界があり、体を壊したり精神疾患に掛かるリスクは避けなければならない。異常を感じるようであれば、激務から離脱する勇気も必要となる。辞めたいと感じるのは甘えからだけではなく、体から危険を伝える重要なシグナルでもある。警告を無視してハードスケジュールの仕事を続けていると、いずれ無理が生じかねない。
自身の将来を思えば引き際を見極めることも大切であり、一時的に職場を離れたとしても復帰の可能性はまだ残っている。復帰が難しい状態に陥る前に適切な判断を行えば、過労で倒れて手遅れになる事態は防げる。その手伝いになりそうなサイトを見つけたので、仕事に限界を感じている方は是非コチラを見てほしい。